腸内環境知識

腸のしくみ

腸のしくみ 腸は主に、消化・吸収するはたらきをする器官です。
小腸が食物の消化や栄養の吸収をし、大腸が不要なものを
便として排出する役割をしています。
腸内には無数の腸内細菌が存在していて、 ビフィズス菌や乳酸菌などの腸内に良い作用をもたらす善玉菌
大腸菌やウェルシュ菌といった悪影響をもたらす悪玉菌、 中間の役割を持つ日和見菌の3つの種類に分けられます。
善玉菌と悪玉菌は常に勢力争いをしていて、善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、
悪玉菌が増えると善玉菌は減っていき、日和見菌は優勢な方に巻き込まれていきます。
この3種類の菌のバランスが腸内環境の善し悪しが決まるのです。


腸内環境が悪いとどうなるの?

腸内環境の悪化というのは「悪玉菌」の増殖が大きく関係しています。
悪玉菌が優勢になると、有害物質を発生させるため
腸内に毒素や老廃物が溜まり、腸のはたらきが鈍くなります。
この状況が長く続くと、代謝が悪くなり腸は汚れ便秘の原因なってしまいます。
便秘になると、行き場のない宿便は毛穴などの抜け道をたどって加齢臭や体臭、口臭の元となって体外に放たれます。
体臭などにお悩みの方は腸内環境に注意しておくとよいでしょう。また、悪玉菌が生みだす毒素は血液に送られ、
疲労感・冷え性・老化・肌荒れ・内臓脂肪の増加・免疫力の低下などの原因となり最悪の場合、
ガンにまで至るケースもあります。
腸内環境とは健康はもちろん美容にまで影響を及ぼす恐れがある重要なものなのです。


腸をキレイに保つ秘訣は?

上でも述べたように、腸を正常なはたらきに保つには、善玉菌を増やして悪玉菌を弱らせることが必要です。

バランスのとれた食生活を
腸内環境の悪化の原因は、生活習慣、運動不足、ストレス、加齢など様々な要因がありますが、
直接腸に運ばれる食べ物を特に注意しておきたいところです。
脂肪の酸化がニオイの原因となるので動物性脂肪が含まれる食事を控えて、
和食を中心としたバランスのとれた食事を心がけてください。
善玉菌が含まれる代表的な食品のヨーグルト(ビフィズス菌)納豆(納豆菌)野菜などの食物繊維を積極的に摂ると良いでしょう。

腸をキレイに保つ秘訣は?


美容・健康コラムへ戻る