乾燥肌のケア

乾燥肌について

水分が不足した状態の乾燥肌は、ケアを怠ると恐ろしいさまざまな肌トラブルの原因となってしまいます。

シミやシワ
シミの原因である紫外線から肌を守る角質層が壊れていて水分が不足しているためダメージをうけやすい。
弾力や張りを保つコラーゲンが不足しているためシワになりやすい。
ニキビ
本来肌を守るために水分と皮脂によってつくられる皮脂膜が水分の不足でできないため、
それを補おうと過剰に皮脂が分泌してしまいニキビの原因につながる。
湿疹
特に冬になると肌がカサカサになりひび割れ、そこに汗が染み込むと炎症になりかゆみを起こし
つい掻いたり衣服に擦れると、湿疹(乾燥肌湿疹)ができます。

スキンケアや洗顔の方法

「いつの間にか乾燥肌になった」「乾燥肌が悪化してしまった」というケースは、
間違ったスキンケアや洗顔方法が原因だったということがよくあります。
乾燥肌はバリア機能が低下しているのできちんとしたケアが必要です。

洗顔は朝晩の2回
洗いすぎは肌を守る成分まで落としてしまうため朝晩の2回にしましょう。

洗顔料は肌に優しいものを
刺激が強い製品も中にはあるので"無添加"や"低刺激"タイプのものを選びましょう。

優しく、ぬるま湯で
きれいにしようとゴシゴシ洗うのは肌を傷つけてしまいますので、やさしくなでるようにして、
35〜38度を目安にぬるま湯で優しく洗い流してください。

洗顔後は保湿
乾燥肌で一番必要なのは水分です。化粧水や美容液で潤ったところに、
クリームや乳液でしっかり保湿してください。

入浴方法
からだも入浴方法によって乾燥肌を悪化させてしまうことがあります。
きちんとした入浴方法でボディケアしましょう。

ぬるめのお湯で
つい熱めのお湯につかりたくなりますが、皮脂がとけてしまい肌の乾燥を悪化させてしまいますので
38度程度のぬるめのお湯にゆっくり浸かってください。

柔らかいタオルや手のひらで
からだの汚れを落とそうとしてナイロンタオルやブラシなどでゴシゴシ強くこすると角質層が
傷ついてしまいますので、柔らかいタオルや手のひらで優しく洗ってください。

しっかり洗い流す
石鹸やボディソープの成分を残したままにすると、かぶれてしまったり乾燥の原因となります。
洗い残しがないように全身すみずみまでしっかり流しましょう。

入浴後は保湿
顔と同じくからだもボディ用の保湿クリームなどで水分を補ってください。


美容・健康コラムへ戻る