ご挨拶

こんにちは、アンノンの松崎と申します。
この度は数あるサイトの中からアンノンを見つけていただき、
心より感謝申しあげます。


私がこの「デリケートに特化」したショップを開くきっかけは、私自身の実体験にあります。

以前の私はデリケートラインが非常に弱く生理中にはナプキンにかぶれ
体調が優れないときはナイロンの下着まで拒否反応を起こしていました。

当時はネットもありませんでしたので、今のように簡単に情報も手に入れられない時代でした。
恥ずかしくて友人にも聞けず、レディースクリニックに行き軟膏を処方していただいたこともあります。
学生の頃からモデルをやっていましたので、かなりのストレスを抱えていたのも確かです。
この頃は食事にも気を使い下着はすべて「綿」で揃えていました。

過去を振り返ると、私の体は今と違いかなり繊細だったのでしょうね...。


それまではボディー用に使っていた石鹸をデリケートゾーンにも使用していましたが、
あるときから洗顔で使っていた製品で洗うようになりかぶれることがなくなりました。

「製品一つでこんなに違うんだ...」と感じた瞬間でした。

そんな経験からか、知らず知らずの内にデリケートゾーンへの興味が湧いていたのでしょう。
国際結婚をした友人に諸外国のデリケートラインケアへの意識を聞き、
日本がとても閉鎖的だということを知りました。


私は海外の開かれた文化も好きですが、同時に日本の古来の文化にもとても興味があります。
日本の精神文化はとても素晴らしいです。
日本は諸外国の良いところを受け入れ、自国の文化と上手く融合させる能力も非常に高い国です。

そんな融合的な日本文化においても、残念ながらこれまでは女性のデリケートゾーンケアに対して
あまりよしとしない風潮があったように感じます。

ここ数年、日本でも徐々にデリケートケアに対するネガティブな意識も随分改善されてきました。
デリケート商品を求める女性も徐々に増えている中、
私自分の経験も踏まえ、アンノンでは安全で安心できる商品を取り揃えています。


日本女性はお顔に関してはとてもお手入れが行き届いています。
しかし、デリケートゾーンへのお手入れが行き届いている方は、まだまだ少ないのも事実です。
デリケートゾーンはお顔以上にとてもセンシティブな部位です。
チャクラとも深く関わるデリケートゾーンを、日々いたわってあげることがとても大切なのです。


松崎泰子 お顔に洗顔用の石鹸があるように「デリケート」にも「専用石鹸」を

お顔が美白を求めたいように「デリケートにも美白」を

お顔がハリや潤いを求めたいように「デリケートには締りと潤い」を...

これがアンノンのコンセプトになります。


まだまだ未熟なアンノンでございますが、お客様に愛されるショップにしたいと思っております。

今後とも宜しくお願いいたします。



                                 アンノン代表 松崎泰子