リンパマッサージについて

リンパってなに?

美容や健康を取りあつかったテレビや雑誌でよく「リンパが詰まっている」「リンパを流す」などいわれていますが、
リンパとは一体何のことなんでしょうか。

みなさんが口にするリンパとは、全身に張り巡らされたリンパ管から流れるリンパ液と呼ばれるものです。
リンパ液はアルカリ性で血液とほぼ同じ成分の液体で、リンパの役割は主に、細菌やウイルス、老廃物、乳酸などの
からだにとって有害なものや不要なものを排出する働きと、各細胞に酸素や栄養分を配っていく働きをします。

「リンパが詰まる」状態になってしまうと、老廃物がたまり酸素や栄養分もうまく循環されず、
むくみやセルライト、肩こりや冷え性、免疫力の低下などの原因につながるため「リンパの流れ」は
美容や健康のためにも気をつけておかなければいけません。


リンパマッサージ(リンパドレナージュ)

リンパの流れが滞る原因は、生活環境、運動不足、ストレス、加齢などが原因で、これらを解消することで
リンパ循環の改善が期待できますがなかなか難しいことですよね。
そこで誰でも受けることができて効果の高い「リンパマッサージ」についてご紹介します。

リンパマッサージは別名リンパドレナージュ(フランス語でリンパ排出法)と呼ばれ古くから、
健康や美容効果を高める理学療法としてつかわれてきました。
滞ったリンパ液をリンパ管をたどり「リンパ節」と呼ばれるリンパが集中する中継地点に流していき
老廃物の排出や代謝を促進させます。
効果は、疲労回復、むくみ、免疫力の向上、ストレス解消、美肌効果、バストアップなどが期待できます。
マッサージはからだの部分によってさまざまで、全身にあるリンパ管の位置やリンパを流す方向、
力の入れ加減など専門的な知識を必要で、間違えた方法でおこなってしまうと逆効果になることもあるので
はじめは専門のサロンや医院などで行ってもらうのが良いかと思います。

私の初めてのリンパマッサージ体験は、顔、腕、肩、太ももなど全身マッサージしてもらいました。
寝てるのか起きてるのかわからなくなるほど気持ちがよくて、終わった後はからだがとても軽くてスッキリした記憶があります。
翌朝の目覚めもバッチリで肌つやの良さが実感できたので、しばらくリンパマッサージにハマっていました。
しばらく通っているうちに担当の方に「自分でできる小顔になるリンパマッサージ」を
教えてもらったのでその方法を特別に公開します!!


自分でできる小顔になるためのリンパマッサージ

自分でできる小顔になるためのリンパマッサージ (1)頬から顎下に流しあごのラインに沿って耳の前にあるリンパ節に送る
(2)口角のあたりから同じく耳の前にあるリンパ節へ
(3)目元あたりから頬骨にそって同じく耳の前のリンパ節へ
(4)今度は上の目頭から同じく耳の前のリンパ節へ
(5)おでこの中心から同じく耳の前のリンパ節へ
(6)耳の前のリンパ節から首の横を通って鎖骨リンパ節に流す


ポイント

・マッサージ前後はコップ一杯の水を飲みましょう。
   マッサージ前はリンパ液を流れやすくし、マッサージ後は流した老廃物などをはやく排出するため
・入浴後に行いましょう。
   血行が良い状態が最適
・アロマや音楽でリラックスして行いましょう
   リラックスすることでリンパの流れがスムーズになりも効果アップ
・力を入れすぎないように注意しましょう。
   顔はシワになる恐れがあるので力をいれすぎないように


美容・健康コラムへ戻る