ナチュラルコスメについて

ケミカルとは?

ケミカルとは? 石油由来の科学合成成分が多く配合されているコスメ。

私達が普段目にするコスメの大半はこうしたケミカルコスメが
ほとんどと言えます。
刺激のなさそうなイメージのドクターズコスメや無添加化粧品、
エステティックでサロンで扱っているものでさえ、
ケミカルコスメであることがほとんどです。

価格も安いものからお高いものまでありますが、
実は宣伝広告費や凝ったパッケージなどにお金がかかっていて、
中身はかなりお安く出来ているのです。

最近はオーガニック成分を少し配合しただけで、パッケージに
「オーガニック成分配合」と書いてあるコスメも出てきていますが、
わざわざ「配合」って謳うこと自体、天然成分を一部しか入れていない証拠です。

「ナチュラル成分で出来ています」と宣伝していても疑わしきものは成分表の確認を!!


オーガニック

オーガニック オーガニックの認証を得ているコスメをさします。
オーガニック認証とは原料の安全性や製造工程の環境配慮など、
第三者認証機関が設定した基準を満たしていることを証明するものです。

メーカーが認定機関にコスメを申請し、厳しい審査を通過して
取得することが出来ます。
認証機関はいくつもあり定めている基準もそれぞれですが、
詳しい内容が消費者にはイマイチ伝わっていないのが現状です。
とはいえ、
「なんらかの認証マークがついていれば、環境や人に配慮している
コスメであることは間違いない」
ですし、
成分表を見なくても一つの目安になるので、
ナチュラルコスメかどうかを判断するには便利です。


ナチュラル

コスメとしてオーガニックの認証を取得していないもの、原料にオーガニックや無農薬のもの、
または無農薬でなくてもきちんと残留農薬検査をしたものを使うなど、
認証を取得しているコスメと同じくらい気を遣って作られています。

ただ、パッケージに認証マークがないので少々見つけにくいのは難点。

現在、日本国内にはコスメのオーガニック認証機関がないので、
日本のコスメが認証マークを取得するには海外の機関に申請するしかありません。

しかし、それには多大な費用が必要ですし、日本独特の原料例えば馬油などは海外では対象外、
なので日本のナチュラルコスメは認証が少ないのです。

日本には日本の文化に合わせた独自の認証機関の誕生が必要だと思います。

今後はもとたくさんの日本ナチュラルコスメがオーガニックコスメと同等のレベルで認められ、
認証マークを目印に探したくなることを期待したいです。


ナチュラルコスメで守って欲しいこと

ナチュラルコスメで守って欲しいこと <消費期限> ナチュラルコスメといえども、基本的には製品の変質を防ぐための防腐剤が配合されています。
とはいえ、ケミカルコスメのように協力ではありません。

食品に使われているものや、植物エキス、植物由来のエタノールなど。 中にはそうした防腐剤さえ全く配合していない商品もあります。

だからナチュラルコスメのほとんどが未開封での保管期限が3年未満、
極端に短いと1年未満というものもあります。
更に開封したら1ヶ月や2ヶ月という短い期間で
消費しなければならないものも少なくありません。

食べ物と同じだとおもって「消費期限は守りましょう」


美容・健康コラムへ戻る