ニキビの基礎知識

毛穴のつまり

毛穴のつまり 最近毛穴のつまりを訴える人が増え始めています。
普段の洗顔で落としきれなかった角質や皮脂などは、
男性だって毛穴に溜まるもの。
しかし、女性はそれ以外にメイクという毛穴に
詰まりやすいことをしているから、
より一層のケアが必要なのです。

皆さんはファンデーションは崩れにくいものを、
日焼け止めはウォータープルーフを使っていることなんてないですか?
その選択がもしかして毛穴の詰まりの原因になっているのかもしれません!!

現代のメイクアイテムはとかく崩れにくさをアピールしているものが多いです。
クレンジングや洗顔をきちんとしているつもりでも、
「実は落としきれていなくて毛穴に落ち込んでいる」ことがあるのです。

特に日焼け止めの多くはファンデーションと違って透明だから落ちているかどうかも分からないものです。
といって…ゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷めてしまいますので、どちらにしろ肌にはよくない。
ましてはメイクを落とさずに寝てしまうなんて論外です!!

さて、あなたの毛穴は大丈夫?
メイクを落としたときに鏡を見て自分の毛穴の詰まりはどの程度なのかチェックしてみましょう!!
毛穴の詰まりは、毛穴付近の古い角質や、皮脂、落としきれなかったメイク、汗、埃などが混ざり合ったものが、
毛穴の入り口に蓋のように固まったもの。
放っておいても簡単には戻らず、そのかたまりが酸化してくると、黒や黄色になって見た目にも気になるから
指で押し出す人も多いようですが、無理に押し出すのは肌を傷めます。

毛穴の汚れは定期的にオイルマッサージをして汚れを浮かし出し、
又は手軽に「毛穴に詰まった古くなった角質」をとるパックで、
毛穴のつまりをケアしてあげるようにしてあげてください。


ニキビ

毛穴のつま ニキビの種類はたくさんあります。
「毛穴の詰まり」に出てきた、肌のポコポコや、詰まった汚れが
黒く酸化した状態なども、実は白ニキビ、黒ニキビという
名前がついています。

その他、炎症を起こして赤くなっている状態を赤ニキビ、
化膿して膿がたまっている状態を黄色二キビなどと言います。

それからニキビだと思っていたら脂漏性皮膚炎だったということもあります。
ニキビは大きく分けて思春期のニキビと大人ニキビがあります。

思春期のニキビは成長過程でホルモンが変化するために起こるので、安定してくると次第に減ってきます。
皮脂分泌が盛んな時期なので、肌を清潔に保つことを心がけましょう。

一方、 「大人のニキビは原因がひとつとも限らず、ちょっと厄介」です。
ニキビが出来ている部分が額、こめかみ、鼻、あご、首、背中などであれば、
過剰な皮脂分泌が原因かもしれません。

それ以外、頬などにも出来ているのであれば、皮脂ではなく汚れが毛穴を詰まらせている可能性が高いので、
メイクアイテムや洗顔方法を疑ってみても良いかもしれません。

更に食生活、ストレス、睡眠不足、喫煙、便秘、紫外線などもニキビに影響してきます。

お酒や食品添加物、甘いものもよくありません。こうした生活習慣が乱れると代謝が悪くなり、
身体の毒素を排出する力も弱くなってくるので肌のターンオーバーが乱れます。

すると、角質が厚くなり毛穴が詰まる。結果二キビとなってしまうのです。

生理前になるとニキビが出来る人も多いですよね。
これは体内のホルモンバランスが乱れることで皮脂の分泌が活性化し
普段よりも毛穴が詰まりやすくなります。

なので、いろんな方面から改善する必要があるのです。

じっくり自分を観察して、体の内側も管理していきましょう。

肌がそんな状態なら、メイクだって軽めにしないと負担がかかってしまうため、
落ちにくいファンデーションは絶対に避けたいところです。


ニキビ専用のコスメって肌にいいの?

二キビ専用のコスメには、ニキビに有効とされる「ビタミンC誘導体」配合と書いてあるものや、
「ノンコメドジェニック」というニキビができにくくなることを実証するテスト済みのものなど、
いろいろあります。

そのほとんどは医薬部外品(薬用化粧品)で、ニキビに対して薬のような作用を持った成分が配合されています。

薬用成分は薬と同様に副作用が心配なので、薬事法で配合量が規制されています。
そもそも医薬部外品は普通の化粧品ではないから、後々の肌のことを考えると、
出来るだけ長く使いたくないものです。

それに、たとえニキビ用のコスメで症状が治まっても、やめればまた同じことです。
根本的に治すなら、普段のコスメや生活習慣を見直す以外に改善の道はありません。


美容・健康コラムへ戻る