女性の加齢臭 原因と対策

加齢臭の原因

加齢臭は読んで字のごとく、加齢とともに発生する中高年特有の体臭です。
40歳を過ぎる頃から、皮脂中の過酸化脂質が増加し脂肪酸組成が変化します。
この脂肪酸が酸化したり、皮膚常在菌により分解されて発生する
「ノネナール」が加齢臭の正体だと言われています。
加齢臭のもとになるノネナールのニオイは似ているといわれています。
「青臭さ」と「脂臭さ」を併せ持った、なんとも言えない臭いです。

一般的に女性は、女性ホルモンの影響により活性酸素の働きが弱く、
そのためノネナールも男性に比べ少ないといわれています。
しかし、女性ホルモンは年齢を重ねるごとに減少します。
特に閉経後は男性と同じように活性酸素の働きが活発化するため、
女性も「加齢臭」が発生してしまうのです。

加齢臭の対策

加齢臭の対策 加齢臭を抑えるにはやはりニオイの原因であるノネナールの発生を
抑えること
が重要です。
毛穴の皮脂腺から分泌される皮脂の中には脂肪酸があります。
この脂肪酸が酸化すると過酸化脂質となりニオイの原因になるため、
ノネナールの増加を抑えるには脂肪酸の酸化を防ぐことです。

  • 食事の改善
    動物性脂肪の多い肉類中心の食事や、添加物の多い加工食品などは
    極力避けるようにし、ベータカロチン、ビタミンC、ビタミンE、OPC、DNA
    (和食を中心にして野菜や魚などのバランスの良い食事が理想です。)といった
    抗酸化物質を含む食品を積極的に摂りましょう。過食や偏食は禁物です!
  • 生活習慣の改善
    喫煙・お酒の飲み過ぎはもちろん、睡眠不足・ストレスは活性酸素の増加に
    つながりますので注意しましょう。
    充分な睡眠をとって適度な運動や、趣味などでストレス発散することも大事です。
  • 衣服の消臭
    加齢臭のモトであるノネナールは衣服に染みつきますので、こまめに下着を着替えましょう。


加齢臭対策商品

柿渋石鹸