ピルについて

ピルの基礎知識

ピルとは「経口避妊薬」という女性ホルモンのプロゲストーゲン(黄体ホルモン)と
エストロゲン(卵胞ホルモン)を主成分とした女性ホルモン剤(錠剤)で、
主に避妊目的で使用されています。

ピルに含まれる女性ホルモンは妊娠時に体内で分泌される女性ホルモンなので、
服用することによって女性のからだのホルモンバランスが妊娠時の状態に近くなります。
そのため排卵が抑えられ、避妊に効果があるというわけです。

1960年代アメリカで最初に発売されたものはホルモン量の高い高用量ピルで副作用の強いものでしたが、
その後中用量ピル、「低用量ピル」といったホルモン量を低くして、
リスクの少ないものへと改良されてきました。

日本では厚生省により1999年6月17日から低用量ピルが医薬品として承認され、
同年9月2日から発売されています。

現在一般的に使用されている低用量ピル(OCともよばれます)は、薬局やドラッグストアでは販売していないため
必ず医師による検査が必要で、処方箋として入手できます。

ピルの効果

ピルは世界中で1億人以上もの女性に服用されています。

学生、未婚の女性など多くの女性がピルを服用する理由は、やはりその避妊率の高さです。
正しく服用した場合、避妊率99%という非常に高い効果があるのです。

避妊目的以外にも、ピルには女性のお悩み解消の手助けをする効果があり、
その副効能を目的に服用される方も少なくありません。
服用する全ての方に効果があるというわけではございませんが、
以下のような効果が期待できます。

  • 生理のお悩みの改善・解消
    生理痛の軽減、月経困難症、過多月経、貧血など
  • ホルモンバランスを改善
    ニキビ、多毛症、など
  • 婦人病の予防・リスク低下
    子宮体がん、卵巣がん、卵巣腫瘍、子宮外妊娠など

ピルの副作用

ピルの副作用によるマイナスイメージを持たれている女性が多く、
日本ではまだまだ浸透していないのが現状です。

メリットだけではなく、デメリットもしっかり認識しておくことで、
より安全にピルと付き合っていくことができます。
低用量ピルでは頻度は少ないですが以下のような副作用を起こす場合もあります。

  • 血栓症(エコノミー症候群)
  • 吐き気や頭痛・悪心
  • めまい・手足のしびれ
  • 乳房の張りや痛み

ピルに含まれる女性ホルモンには血液を固まらせる作用があるため、
血管を詰まらせてしまい血栓症を起こす恐れがあります。
ピルを服用すると、妊娠時に似た状態になるため、上記の症状を起こす場合があります。
あまりにも症状がひどかったり治まらない場合は、無理に服用を続けずに医師に相談してください。

ピルの選び方

日本で現在発売されている低用量ピルは、1相性、2相性、3相性と3種類に分けられています。

<1相性ピル>
1シートに全て一定のホルモン量が含まれているものです。中・高用量ピルと同様の用法です。

<2相性ピル>
2段階のホルモン量が異なる錠剤が含まれています。卵胞期と黄体期を考慮してホルモン量を変化させ、
後半に服用するものは黄体ホルモンが前半の2倍含まれています。

<3相性ピル>
2相性ピルに加えて、排卵期のホルモン量を考慮した3段階にわかれたホルモン量のものになっています。
製品によって異なりますが、徐々にホルモン環境を変化させるために黄体ホルモン量が
3段階に分かれて増やしていくものや、前半から中盤にホルモン量を増やし、
後半に少なくしているものなどがあります。


低用量ピルは1シート21錠タイプと28錠タイプがあります。

21錠タイプは用量を守り全て飲み終えたら、服用を休む休薬期間を7日間おきます。
休薬期間が過ぎたら次のシートで再開するという流れです。

28錠タイプは休薬期間がありません。最後の7錠が偽薬とよばれる薬として効果のない錠剤が含まれています。
偽薬は、飲みながらも休薬期間と同じ状態で飲み忘れを防止する役割をします。

さまざまなタイプの低用量ピルがありますので、生活習慣や健康状態など医師と相談して
自分に合ったものをお選びください。

ピルの嘘!ホント!

Q. ピルは飲むとガンになるの?
A. 販売されている低用量ピルには発がん性はありません。

Q. ピルを飲むと太ると言われたのですが…
A. いいえ低用量ピルによって太ることはありません。
これは日本の臨床試験でも証明されていて、「ピルを飲むと太る」というのは
ホルモン量の多いため太ることがあった高用量ピルを使われていた頃にいわれていたことですので
低用量ピルではその心配はありません。

Q. 喫煙者はピルを服用できないの?
A. ピルの適応外の中に「35歳以上で1日15本以上喫煙する人」とあります。
35歳未満の方でも、喫煙者は静脈血栓症、肺塞栓症、心筋梗塞、脳卒中が起こる危険性が
高くなるためピルの服用の際は禁煙が必要といってよいでしょう。

Q.ニキビができやすくなるの?
A.体重の増加と同じく、中・高用量ピルでは比較的認められていた副作用ですが、
低用量ピルではかなり軽減されています。

Q. 低用量ピルって高いんでしょ?
A. 1ヶ月2,000から3,000円程度です。
ただし低用量ピルには保険がきかないため診察料が高くなってしまうことがあります。


美容・健康コラムへ戻る