生理痛についての基礎知識

生理痛はなぜ起こる?

多くの女性を悩ませる「生理痛」
生理前や生理中に、腰痛や頭痛、イライラしたり、めまいや吐き気、
ひどい時は仕事や家事も手につかないくらい深刻な症状となってあらわれる方もいます。
ひとそれぞれ個人差がある生理痛(月経困難症)ですが、原因は大きく分けて二つのタイプがあります。

器質性月経困難症

子宮内膜症や子宮筋腫など子宮や卵巣になんらかの病気が原因でおこる月経困難症。

特徴
・20代後半からなりやすい
・生理初日〜3日を過ぎても痛みがおさまらない。
・生理が終わっても痛みが続く

子宮内膜症の主な症状
・生理中は寝込むほど症状が重い。
・生理以外でも下腹部が痛む。
・鎮痛剤でも痛みがおさまらない。
・トイレの際、肛門の奥に激しい痛みがする。
など

子宮筋腫の主な症状
・生理が10日以上続く
・経血量が多い。
・量が多く1時間に一度ナプキンを替える。
・赤黒いかたまりが出ることがある。
など

機能性月経困難症

元々の体質や生活習慣が原因となる月経困難症。

特徴
・思春期〜20代前半に多い。
・子宮の収縮を促進する物質「プロスタグランジン」の分泌量が多い。
・子宮や卵巣が未成熟である。
・心理的なストレスが原因になる。
など

生理痛をうまく乗り越えるには

生理前はなにかとイライラしたり、腰痛や頭痛や、吐き気やだるさ、憂鬱な気持ちになるなど、
様々な症状に多くの女性は悩まされ続けています。
これは、「月経前症候群(PMS)」とよばれるもので月経の1〜2週間前から起こり、
月経開始とともにおさまる周期的な身体的、精神的にあらわれる症状です。
別名「月経前緊張症」とよばれます。

月経前症候群は、生活習慣や精神的ストレスなどによって体の調子や自律神経や
ホルモンのバランスが乱れると強まるといわれています。

どうしても周期的におとずれる月経前症候群を和らげるには、体を冷やさないようにすること、
バランスの良い食事、しっかり睡眠をとることです。
それととても重要なのは「生理前だからしょうがない」と受け入れてあげること。
気持ちが楽になって不安が解消されるといわれています。

しかしどうしても辛い場合は、我慢せずに婦人科を受診することをおすすめします。
悲観的にならずに生理とうまくつきあっていきましょう。


美容・健康コラムへ戻る